主夫希望の男性と結婚するメリットとは?

働くことが大好きな女性が結婚を考えた時、結婚相手として家事や育児を率先してやってくれる男性がいいと感じることもあるでしょう。

男性は外で働くものだという価値観はまだまだ根強いですが、大黒柱として働くことを妻に任せて自分は主夫として家事や育児を担う男性も、少数ながら存在しています。

外で働いてお金を稼いでくるのではなく、家事や育児をすることで家庭を支えたいという主夫希望の男性と結婚をすることは、女性にとって本当にメリットがあるのでしょうか?

主夫希望の男性と結婚するメリット

思う存分、仕事ができる

結婚や出産後も働く女性が増えていますが「子育てで離職をしなければならない」「育休を取得することで同期の男性社員に後れをとってしまう」「子どもの送り迎えで時短勤務を強いられる」など、男性と女性を比較すると女性はキャリア形成が難しい一面があります。

もし夫が主夫として家庭を支えてくれるなら、家事や育児を夫に任せて自分は独身時代と同じように、バリバリ仕事をすることができるでしょう。仕事が大好きな女性・キャリア形成に貪欲な女性は、家事・育児を担ってくれる主夫と結婚すると、その恩恵を十分に感じられるのではないでしょうか。

家事から解放される

料理・洗濯などの家事は、働く女性の負担となりがちです。近年注目されている「名前の無い家事」の負担を考慮すると、女性が担う家事労働はかなり大変なものと言えるでしょう。フルタイムで働きつつ並行して家事を行うことは、肉体的・精神的な負担となります。家事が苦手な女性は、より一層しんどい気持ちになるでしょう。

主夫希望の男性と結婚することのメリットは、負担となりがちな家事から解放される点にもあります。主夫と結婚したら、家事は夫の仕事となります。仕事終わりの疲れた体に鞭を打って家事をする必要がなくなるどころか、むしろ主夫である夫が料理を作って待っていてくれるでしょう。

今までの生活スタイルや人間関係をキープできる

結婚や出産後も働き続けることで社会とのつながりは一定程度キープできますが、多くの女性は子ども中心の生活となり、ママ友など子どもに即した人間関係を重視せざるを得なくなるでしょう。仕事終わりに職場の同僚と飲みに行く機会や、学生時代の友達と遊ぶ機会も自然と減ってしまうかもしれません。

主夫と結婚した場合、育児や子どもに関係する人付き合いは夫がやってくれます。つまりあなたは今までの生活スタイルや人間関係を、無理やり変える必要がなくなるのです。自分のスタイルに強いこだわりがある女性は、主夫と結婚してマイスタイルを守るのもアリかもしれません。

主夫との結婚には、デメリットもある

現在の日本では、主夫として家庭を支える男性はまだ少数派です。そのため“大黒柱を妻が担い、家事と育児は夫がする”という家族の在り方は、周囲の理解を得られないこともあるでしょう。主夫希望の男性と結婚することは、マイノリティになる選択をするということです。周囲の噂の的になるかもしれませんので、世間的な評価・体裁を気にしない覚悟を持ちましょう。

男性は離職期間が長くなるにつれて、社会復帰が難しくなります。もしあなたが病気で働けなくなった時、主夫である旦那様がそれ相応の収入を得られる職業に就職できるかは分かりません。

主夫という考え方がまだまだ前衛的であるからこそ、主夫と結婚するということはこうしたデメリットに直面する可能性を孕んでいるのです。主夫希望の男性との結婚を真剣に考える時は、メリットだけでなくデメリットも視野にいれて行動しましょう。

まとめ

女性の社会進出が進み、同年代の男性の収入を超える高収入を得る女性もいます。収入に関わらず仕事を続けたい女性や、キャリアアップをすることで自己実現をしたい女性も増えてきています。こうした女性たちは、家庭を支えてくれる主夫希望の男性と結婚することで、それなりのメリットを感じることができるでしょう。

一方で、主夫という存在はマイノリティであるからこそ、他者から理解されにくいというデメリットもあります。結婚相手を吟味する時はメリットだけではなくデメリットにも注目して、後悔の無い選択をしましょう。