お金がないけど幸せな結婚はできるの?結婚前に考えたいこと

彼の収入や2人の貯蓄額が少ない場合、お金がないのにこのまま結婚に踏み切っていいのか悩む人が多いようです。この先も彼と一緒にいたいけれど、お金がない結婚生活でも幸せを感じることができるのか不安になることもあるでしょう。

現実は“愛があればお金がなくても”と言えるほど甘くはありません。しかし、お金だけが全てではないことも事実です。

今回は、結婚前に考えたいお金の問題についてまとめました。お金がないけど幸せな結婚生活を送れるのか、きっと自分なりの答えが見えてくるはずです。

自分が思う幸せな結婚生活の定義とは?

自分にとって幸せな結婚生活とは、どのようなものなのか考えてみましょう。

例えば旦那さんが高収入の場合、お金がないという心配はなく金銭的に余裕ある結婚生活を過ごせるはずです。しかし旦那さんが多忙なことが多い為、一緒にいる時間は必然的に減り1人で過ごす時間が増えていくでしょう。お金がない生活とは無縁の暮らしかもしれませんが、結婚後もできるだけ旦那さんの側にいたいと願う女性にとっては、寂しさを感じることがあるでしょう。

反対に低収入の旦那さんとの結婚生活は、お金がない…と嘆くことが多いかもしれません。しかし定時に帰宅することもある為、結婚生活の中で旦那さんと過ごす時間が多く、精神的な支えになってくれる可能性があります。旦那さんが側にいてくれることで、お金がない結婚生活でもポジティブに向き合うことができるという女性もいるでしょう。

お金がないことで彼との将来に不安を抱えているなら、自分が求めている幸せな結婚生活とは一体どのようなものなのか1度考えてみるといいかもしれません。人それぞれ結婚に求めているものは異なる為、自分の気持ちと向き合うことで答えが見えてくるはずです。

彼との金銭的価値観は同じ?

お金がない彼と結婚をして幸せになれるかどうか悩むなら、相手との金銭的価値観が同じかどうか考えてみましょう。金銭的価値観の違いは、結婚生活に影響を与えます。

例えば片方が節約しながら堅実的な暮らしを望んでいても、もう片方が後先考えずに趣味嗜好にお金を使う場合、金銭的な問題で揉めることは目に見えています。男性側がパートナーに仕事を続けてもらいたいけれど、女性は専業主婦を望む場合なども金銭面や家事などについてトラブルになるかもしれません。

お金がない場合は特にお金に対する価値観をすり合わせることにより、結婚生活での金銭的問題が解消される可能性があります。家計が同じになることを互いに理解することで、暮らし方は変わってくるのです。

お金がないことが不幸せな結婚ではない

お金があることが、幸せな結婚生活の条件とは言い切れません。しかし“愛があればお金なんていらない”という考えは現実逃避しているようなものでしょう。最低限のお金がないと生活することはできません。金銭的問題は心の余裕を奪い、結婚後の夫婦仲にも影響を与える場合があるのです。

ただし、お金があるから幸せだというわけではありません。お金がないという心配がなく金銭的余裕があっても、結婚後に旦那さんと不仲になり満たされない想いをしている女性もいます。お金がないけれど結婚生活で幸せを感じている女性は、現実を悲観することなく夫婦で協力して前向きに暮らしています。

お金がない=不幸せな結婚なのではなく、不幸だと考えることが幸せを逃している原因なのかもしれません。

まとめ

収入が少なく貯金がない彼とお金がないけれど結婚する場合、家計は厳しいものになるかもしれません。しかし節約を心掛け、女性側もサポートしていくことにより暮らしぶりは変化するのではないでしょうか。

お金がないから不幸なのではなく、2人の絆が希薄になっていることを金銭的な問題へとすり替えている場合があります。結婚後も堅実的な生活を心掛け、夫婦で思いやり協力していくことでお金がない生活の中にも幸せを感じることができるでしょう。

彼との結婚を考えた時お金に対する不安要素があるのであれば、結婚前によく話し合い、モヤモヤを解消させる必要があります。お金の問題は避けたい話題かもしれませんが、今後の2人の生活の為にもきちんと話し合うことが大切です。