カードローンプロ
よくある質問
主婦です。借入は可能でしょうか?
結論から申し上げると可能です。
まず専業主婦で収入がない方がカードローンを利用する場合は、配偶者の同意が必要です。
また婚姻関係を証明する書類(住民票、戸籍抄本などの続柄に配偶者である旨の記載があるもの)、配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。
配偶者の同意があり、審査でも問題がないとなった場合、カードが発行されてカードローンの利用が可能になりますが、借入できる限度額は配偶者の方の収入の3分の1までとなります。仮に配偶者の方が他の機関で借入をしている場合は、その金額を差し引いた金額が限度額となります。
専業主婦でなく、パートなどの仕事を持っている場合はその方自身の収入で計算されることになり、配偶者の同意は必要ありません。
アルバイトです。借入は可能でしょうか?
パートやアルバイトに限らず、正規雇用以外の雇用形態でも、定期的な収入があれば銀行系も含め可能な会社は多くあります。
ただ、審査はきちんとされますので仕事を始めたばかりの方や収入が不定期の方はその分厳しくなることが予想されます。
この時、収入以外にもとまった預金や資産がある場合は申請しておくと返済能力を高く評価され、良い条件で借りられる可能性が高くなります。
キャッシングとカードローンの違い?
基本的にお金を借りる事に関しては違いはありません。
キャッシングの場合は基本的にローンに比べて少額で且つ一括返済前提というのがほとんどです。
また、カードローンは金額も大きく長期にわたって返済していく事が前提されているため金利はキャッシングに比べ、安く設定されております。
カードローンはいくらまで借りられるの?
個人がカードローンやキャッシングで借りられる金額は、総量規制によって年収の1/3までと法律で決まっております。
ただし、銀行から住宅ローンやマイカーローン、事業資金として借り入れる場合はこの規制からはずれます。
まず自分の年収にしては大きなお金が必要な場合は銀行系のカードローンで審査してみることをお勧めいたします。
逆に銀行系でもなく年収の1/3以上の金額を融資してくる業者は悪徳金融業者の可能性が非常に高いため、気を付けましょう。
返済が遅れたらどうなりますか?
一度でも返済の遅れがあった場合は、信用情報に履歴として残ります。
これがあると新規の貸し出しを停止される他、今後様々な審査に影響がでてきます。
このように後々まで影響がでてしまうので、返済に遅れの出ないようによく考えて必ず返済可能な金額の借り入れを検討しましょう。
また、どうしても返済に遅れがでてしまう場合はその旨を事前にカード会社側に相談しましょう。
繰り上げ返済はできますか?
繰り上げ返済は可能です。
繰り上げ返済をすることによって返済金利を安く抑えることが可能ですので積極的にやりましょう。方法に関しては各カード会社にお問い合わせください。
誰にも内緒で借り入れたいです。
家族にも内緒で借り入れる方法はあります。 専業主婦の方の場合は通常、総量規制の為夫の同意書が必要になりますが、銀行系のカードローンを利用する事により総量規制の適用外になり、夫の同意書の必要がなくなります。 さらに会社によっては、電話連絡する場合は会社名を名乗らない配慮をしてくれたり、利用明細書を指定した住所に発送してくれたりします。 ただし、全ての会社がこのようなサービスをしているわけではありませんので、必ず確認は必要です。
また自分の条件が悪いからと言って絶対に嘘の情報を記入してはいけません。 返済の遅延もそうですが、そういう事が発覚した場合は家族にも連絡が行く可能性もありますし、信頼情報に大きな傷をつけてしまう事になります。