カードローンプロ
はじめての方へ
カードローンとは
カードローンとは、金融機関が発行するカードを利用したローンの事で、提携しているATMやキャッシュディスペンサーから簡単に融資金を引き出すことができます。
また通常、消費者金融ローンよりも金利が低いものがほとんどです。
カードローンの種類

カードローンは「信託系」「銀行系」「消費者金融系」大きく3つに分けられます。
これらには審査基準、スピード、融資額等違いがありますので自分に合ったものを選びましょう。

「信託系」 クレジット会社が運営していて、一般的に銀行系よりも審査に通りやすいです。
ただし、金利は銀行系より高めです。

「消費者金融系」 銀行系や信託系よりも融資上限が低く、利率が低い場合が多いです。
その分、即日融資が可能なサービスも多く、審査にもっとも通りやすいのが魅力です。
また街中にたくさんATMがあり、手軽に利用できます。

「銀行系」 銀行が運営しているカードローン。
3つの中でもっとも審査は厳しいのですが、大きな資金提供が受けられ金利が安い事が利点です。

カードローン申し込み方法
申し込みは店頭や無人契約機による申し込みも可能ですが「インターネット申し込み」が一番簡単でオススメです。
同時にもっとも多く利用されている申し込み方法でもあります。
まずカードローン会社のホームページ等にアクセスし、申し込みフォームより必要事項を記入して送信します。
その情報を元に審査に入ります。
早ければ即日に審査は通過し、電話連絡の後、指定口座へ現金が振り込まれます。
カードローン注意点
カードローンは急な出費にも対応できる非常に便利なものです。
しかし簡単に借入ができる反面、それだけ借入の実感が薄くなりがちです。
利息もかかりますので返済の額をしっかりと見据えて無理のない借り入れを意識しましょう。
たとえ審査に通らないとしても、悪徳業者を利用するのだけは絶対に止めましょう。
簡単にお金を貸してくれるかわりに、予期せぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。
カードローン審査に通るには

カードローンの「審査結果」は気になるところです。
自分の状況を把握し、通りそうな会社を選ぶことも重要です。

審査に通りやすい状況
・他社からの借り入れがない(ある場合は少額)
・収入が安定している
・信用情報に遅延等の記録がない(過去の遅延等)
・居住年数が長い
・勤続年数が長い

総量規制について

総量規制とは、賃金業者からの個人への融資金額を原則年収の1/3までを上限とする法律上の規則です。
複数の業者から借り入れがある場合はその合算で計算いたします。
例えばAカードローンに20万借り入れがある年収300万の方は原則後80万まで借り入れが可能となります。

専業主婦の場合は?
配偶者貸付という制度により、本人の年収と配偶者の年収の合算額の1/3までが上限とすることができます。
これは配偶者の同意があることが条件で、配偶者の同意書と配偶者の収入を証明する書面、配偶者との身分関係(婚姻関係または事実婚関係)を証明する書面の提出が義務付けられています。
例えば本人200万と配偶者400万の場合、二人合わせて200万まで借り入れが可能です。

おまとめローン・一本化
文字通り、複数の会社のローンを一本化する事をいいます。
・引き落とし日が統一できる
・返済、借り入れの管理がし易くなる
・複数からの借入れを一か所に纏めることで、今後の審査に通りやすい
場合によっては利息が下がる等のメリットがあります。
悪徳金融業者・闇金

国や都道府県に賃金業の登録を行っていない業者をいいます。
また登録をしていても違法な高金利での貸付をしてる業者や固定電話がなく「090〜」等の携帯電話の番号だけで賃金業を行っている業者もこれにあたります。
こういう業者を見かけても絶対に利用しないようにしましょう。

簡単なチェック方法
・登録番号は「関東財務局長( )第〇〇〇号」または「○○県知事( )第△△△△号」の記載がホームページ等にあるはずです。
・利息制限法に違反しない年率の上限は15〜20%です。
・連絡先が携帯番号になっていないか。
・あからさまな「ブラック可能!」等の誇大広告になっていないか。

サラ金と闇金は別です。
サラ金は消費者金融業者を指し、きちんと合法で健全な運営をしている業者です。対して闇金は違法な運営になりますので犯罪行為に当たります。